とうとう3月に突入しました

今年の立春は2/4(月)だったので暦ではだいぶ前に春はおとづれているのですが2月が春と言うのはしっくりこず自分的にはやはり3月が「春」のイメージです

春になるといろんな魚が釣れだすので釣り人にとってはうれしい季節


ニュースで「梅」のネタが流れ出すとそろそろかと感じます


いろんな釣果情報が気になるところですがカーペンターのブログに代表の小西さんがカーペンタールアーのワイヤー補修について書かかれてるを発見したので早速やってみました



カーペンタールアーは好きでよく買っていましたが自分でウッドプラグを作るようになってからあまり使わなくなりました

そんな中、今でも現役で使いここ一番いい魚を釣れてきてくれるのがこのブルーフィシュ60-170



UNADJUSTEDNONRAW_thumb_26da



これはもう6年以上現役だと思います

今では値段が高騰していますが当時はガンマの人気が強かったのかブルーフィッシュに関しては比較的長く店舗に在庫として残っていました




魚に切られて「最悪や〜」と意気消沈し帰りに釣具屋に寄ったら普通に売られてたのを思い出します(笑)

ある時は磯にぶつけ、ある時は魚に切られ、そんな中こいつは無くならずずっと現役でいるかわいいやつ


ヒラマサやブリ、カンパチなどいろんな魚を連れてきてくれました

もうワイヤーがスコスコになってしまい最近では使わずにお守り化していましたが直してみることに




UNADJUSTEDNONRAW_thumb_26de



↑こんな感じですぐに横むいちゃいます



揃える道具はプライヤーのみ


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_26db



後ろのぐるぐるとワイヤーを巻いているところの間にワッシャーが挟まれているのですがこの部分のワッシャーのボディ側にワイヤーの終い部分がありますがここをペンチでギュッと抑えるだけ



UNADJUSTEDNONRAW_thumb_26dc




するとあら不思議


新品時とまではいきませんがアイがくるくる回らなくなりました
単純にワイヤーが張られただけですがすごくイージーかつ効果的です




一応3回まではこの方法でOKみたいでそれ以降はワイヤーを張りなおしてくださいとのことです


このワイヤーを後ろで巻いているメーカーのルアーは多いので幅広く応用できそうです



余談ですがウッドルアーは使ってるとボディがフックなどで痛んできます

ブルーフィッシュは比較的ボディが強いですがガンマなどは結構すぐにフックなどで穴空いちゃいます


カーペンターで補修キットが売られていますが自分は百均の瞬間接着剤を垂らして補修してます

瞬間接着剤を盛りすぎた時は硬化後1000番〜2000番ほどの水研ぎペーパーで凸凹を平らにします




UNADJUSTEDNONRAW_thumb_26df


↑写真ではわかりにくいですがエラの上あたりと鼻のとこらへんを修理してます
※なぜこんなところに穴が空いたのかは不明(笑)


あくまで個人的な修理の仕方ですが泳ぎが変わったことは今のところはないですし穴が空いて吸水が早くなるよりはマシだと思います

あくまで自分の場合なので「こんな人もいるんだ」くらいで思っといてください(笑)





さぁ今年も活躍してもらおう





UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2182


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_22e1






























スポンサーリンク